ウォーターサーバーおすすめランキング|価格の安さが人気

ウォーターサーバーとRO水

ウォーターサーバーのメリットはいつでも気がるに自宅で天然水が飲めることです。

 

しかし当然のことながら天然水の価格は水道水に比べると高くなります。

 

ウォーターサーバーから飲む天然水はスーパーマーケットなどで販売されているものよりも価格が安いのが一般的で、これも魅力の一つとなっています。

 

それでも多くの家庭での一ヶ月にかかるコストは三千円から四千円であり、このような価格がウォーターサーバーの設置に今一歩踏み切ることができない理由となることもあります。

 

そのような人は天然水の代わりにRO水のタンクを設置することができます。

 

RO水とは水道水などを目の非常に細かいフィルターなどに通し、不純物を除去して作られた非常にきれいな水です。

 

しかしこの水の味は天然水に比べる劣ります。

 

なぜならフィルターで不純物を除去したときに、ミネラルも除去されてしまうからです。

 

そのため最終的にミネラルが人の手によって加えられます。

 

このようにして作られたRO水は味もミネラルも天然水に近いものとなり、美味しく飲むことができるのです。

 

このRO水は天然水に比べると価格が安く、経済的です。

 

そのため美味しい水を飲みたいものの天然水は高額であると感じている人は、このRO水を扱っている業者と契約し、注文することができます。

 

ウォーターサーバーの必要性

ウォーターサーバーの電気代

 

我が家にウォーターサーバーを置くとなった時、一番気になったのが、その電気代でした。

 

ウォーターサーバー自体にかかる費用は、計算する事ができたものの、電気代においては、実際、1か月使用してみないとわかりません。

 

しかし、そんな心配は、我が家の場合不要だったようです。

 

我が家にウォーターサーバーを置こうと思ったきかっけは、十分に利用価値があるからと思ったからでした。

 

夫は、毎日、寝る前と朝起きたらすぐに冷たい水を飲みます。

 

子供はと言うと、2人共、スポーツをしている為、それに持っていくお茶の量が半端ありませんでした。

 

その為、置くことを決めたウォーターサーバーのお蔭で、夫の為にペットボトルの水を購入する必要はなくなり、また、子供たちの為に一日何度もお茶を沸かす必要はなくなりました。

 

また、自宅に居る時も、喉が渇けば、ウォーターサーバーの水を飲む為、冷蔵庫を開ける回数が随分減り、結果、冷蔵庫にかかる電気代が減ったように感じます。

 

また、お茶を沸かす回数も減った為、ガス代も減り、その結果、ウォーターサーバーの電気代とプラスマイナス0になったようでした。

 

お蔭で、電気代が上がったと言う実感もなく、ウォーターサーバーを利用する事ができ、本当に良かったと思っています。

 

卓上タイプのウォーターサーバー

 

ウォーターサーバーを自宅に置くことを検討した時、そのスペースの確保に苦労しました。

 

我が家の場合、造りつけの棚が多く、どうしても、ウォーターサーバーを置く場所を確保する事が難しかったのです。

 

そんな時、卓上型のウォーターサーバーがあると言う事を知り、「これなら、我が家にも置く事ができる」と思ったのでした。

 

早速、サイズを測ってみると、カウンターの開いているスペースにピッタリサイズだった卓上型ウォーターサーバー。

 

その為、早速、注文し、自宅に置く事にしたのでした。

 

見た目的にも、思った以上にスッキリはまり込み、無理やり、従来のウォーターサーバーを置かなくて、良かったと思っています。

 

卓上型と言う事で、小さな子供がいたずらで、ウォーターサーバーを触る事もできず、その点においても、かえって良かったと思っています。

 

上の子供は、幼稚園に行っている為、椅子に乗って、欲しい時に水を飲んでいますが、2歳になる下の子には、まだ、一人でウォーターサーバーを触って欲しくない為、手の届かない所に置く事ができたウォーターサーバーは、子供の事を思えば、良かったと思います。

 

今後、下の子も大きくなれば、椅子を使って、自分で水を飲むよう、教えていきたいとは、思っています。