ウォーターサーバーを使う時にかかるお金のまとめ

ウォーターサーバーを使う時にかかるお金のまとめ

ウォーターサーバーは、以前に比べてかなりリーズナブルになってきました。

 

とは言っても、月々の水以外にもかかるものがあります。

 

ウォーターサーバーを契約する前に、ちょっと知っておく事でとても役立つので紹介したいと思います。

 

まず、月々の水そのもののお金です。

 

基本的に1本あたり12リットルというものが多いようです。

 

金額は水の種類や天然水、RO水などの違いがあり、様々です。

 

この1本あたりがいくら安くとも、意外と宅配料やサーバーレンタル料が高めだったりする事があります。

 

その宅配料やサーバーレンタル料ですが、今は無料としているところが多いようです。

 

しかし、先ほどもお伝えした通り、無料の場合は水を1カ月で何本以上契約しなくてはならないといった事もあるようです。

 

水と宅配料とサーバーレンタル料の金額を1カ月あたりで計算してみるとわかりやすいかもしれません。

 

それから、ウォーターサーバーのメンテナンス料もかかる場合があります。

 

これも、毎月ではないにしろ無料ではない場合もあるので考えておいた方が良いでしょう。

 

そして、もう1つ気になるのが電気料金です。

 

ウォーターサーバーは、お湯も出るので常に保温するため、電気代は結構かかってきます。

 

ウォーターサーバーは、水だけを考えると安く感じます。

 

ただ、それに付随して他にもお金がかかります。

 

総合的に考えて、最も良いウォーターサーバーを選ぶための参考にしてみてください。

 

ウォーターサーバーの設置のメリット

 

ウォーターサーバーは自宅で美味しい天然水を飲みたいという人にもってこいの装置です。

 

もちろん天然水はスーパーマーケットなどで販売されており、そのようなものを購入することもできます。

 

しかしペットボトルに入った天然水を自宅に持ち帰るのは簡単な作業ではありません。

 

この点でウォーターサーバーに使用されるウォータータンクは非常に大きなものですので、一度取り付けたタンクからはたくさんの水を飲むことができます。

 

そして最近では天然水に関する商売を行っている業者が多いこともあり、様々なサービスを展開しています。

 

そのうちの一つがウォータータンクの宅配です。

 

このサービスを利用すれば水を自分で自宅に運ぶ必要はなく、電話一つで新たなウォータータンクが業者によって取り付けられるのです。

 

このサービスはお年寄りや集合住宅に住んでいる人から高い人気を得ています。

 

またウォーターサーバー用のタンクに入っている天然水のほうが、スーパーマーケットなどで販売されている天然水よりも価格が安いのが一般的です。

 

そのためコスト的にもウォーターサーバーを利用したほうがお得なのです。

 

定期的に天然水を購入している人は、ウォーターサーバーの設置を考慮することができます。