ウォーターサーバーに関するまとめ

ウォーターサーバーに関するまとめ

いつでも家の中で美味しい水を飲みたいという願いを叶えてくれることから、普及率の高まりつつあるウォーターサーバー。

 

現在のウォーターサーバーはどのようなものがあるのか、少々まとめておきたいと思います。

 

分類分けすると、ウォーターサーバーは水道水を使うものと、タンクに詰め替えパックのような補充するタイプのものが有ります。

 

そしてそれぞれ温水と冷水が出るように出来るので、お湯を沸かす手間もなくなります。

 

一昔前よりも小型化が進んでいるというのは特筆すべき点でしょう。

 

卓上ウォーターサーバーといった商品や、インテリアの一部としてのスタイリッシュなウォーターサーバーなども出てきて、選択肢の幅は非常に広くなりつつ有ります。

 

つまり、部屋のどこに設置するかという点を考慮して、その部屋のインテリアになるかどうかという探し方も出来るようになっているのです。

 

省エネ化が進んで、電気料金も少し安くなりましたので、ハードルが下がったような気がします。

 

思いの外単純な構造ですので、基本的なスペックには大きな差はありませんが、省エネ、小型化、オシャレ、キレイ、スタイリッシュというものを合言葉に開発が進んでいるような印象ですね。

 

デザインが面白いものが増えているので、少し探してみては如何でしょうか。

 

卓上ウォーターサーバーのメリット

 

ウォーターサーバーを利用してみたいけれど置き場所に困る、ボトルの保管が面倒、あまり水を利用しない、こんなふうにためらっていませんか。

 

そんな方には卓上ウォーターサーバーがおすすめです。

 

卓上ウォーターサーバーは幅23p、奥行き45pほどです。

 

食卓の上やキッチンに置いて利用できます。

 

小型で場所をとらないので、小さな部屋でも邪魔になりません。

 

卓上ウォーターサーバーは水のボトルの容量が少ないことも特徴です。

 

一般的なウォーターサーバーは12Lです。

 

一人暮らしや水の使用量が少ない家庭は、12Lを飲み切るのが大変ですよね。

 

しかし、卓上ウォーターサーバーは4Lほどと一般的なものの3分の1です。

 

これなら一人暮らしでも水の使用量が少ない家庭でも利用しきれるはずです。

 

ボトルの保管も便利です。

 

大きなボトルをいくつも自宅に保管しておくと場所をとってしまいますが、小さなボトルなら置き場所に困りません。

 

ボトルが小さいと設置も楽です。

 

ウォーターサーバーは上部にボトルを設置するタイプが多く、女性や力のない方にはボトルを持ち上げるの大変です。

 

しかし、卓上ウォーターサーバーはボトルが小さいので持ち上げるのが楽、力がない方でも楽々ボトルの設置ができます。